目立つニキビを改善するための方法

MENU

スキンケアでニキビを予防するコツ

スキンケアでニキビを予防するコツは、清潔にしながら必要以上に潤いを奪わないことや保湿をきちんと行うことです。
清潔にしたほうが良いといっても洗い過ぎはよくありません。洗い過ぎると必要な皮脂まで奪ってしまい、かえって皮脂の過剰分泌を招く結果になります。

 

洗顔は1日2回にとどめて正しく行いましょう。クレンジングも肌への負担が大きいですからやり過ぎはいけません。メイク汚れや肌質に合わせたクレンジングを選び、なるべく肌へ刺激を与えないようにしながら汚れを落としましょう。洗顔やクレンジングで汚れを落とした後は、しっかりと保湿をします。ニキビが出来て皮脂が多いからといって肌に潤いがあるとは限りません。

 

保湿はどのような状況の肌にも大切です。適切な保湿を継続して行うことはニキビを予防する役割も果たしてくれます。
肌を乾燥させると紫外線など外からの刺激にも弱くなり、ニキビが出来やすくなるため潤いを保てるようなスキンケアは重要です。
メイクをすればクレンジングで落とさなければいけなくなりますので、ニキビが気になる方は落とすときのことを考えてファンデーション選びをするなどの工夫も行いましょう。

 

いったん肌を乾燥させてしまうとスキンケアコスメを使って潤いを取り戻すのは大変です。スキンケア効果の高いファンデーションを選ぶのもニキビを予防する効果が期待できます。肌が弱るとニキビは出来やすくなりますのでスキンケアコスメなど肌につけるものは相性のよいものを使うということも大切です。合わないと思ったものは速やかに使用を中止するようにしましょう。